ページを選択

自ら考え、判断・実行する力を身につける個人投資家のための投資イベント

第6回

投資フェス(web)

日程:2020年3月28日
場所:Web開催
参加費:無料

資料DLお申し込みプログラム

自分で考える力

相場が働く理由と具体的な根拠

機関投資家と個人の違い

投資家同士の交流

セミナーはこちら (本編 3/28配信開始)

座談会①はこちら (3/28配信開始)

座談会②はこちら (3/28配信開始)

座談会③はこちら (3/28配信開始)

資料ダウンロード 

追加【有料¥3300】岡崎良介「パニック終息から株価反転までのプロセス」

出演者

岡崎 良介 氏

【金融ストラテジスト】
1983年慶応大学経済学部卒、伊藤忠商事に入社後、米国勤務を経て87年野村投信(現・野村アセットマネジメント)入社、ファンドマネジャーとなる。93年バンカーストラスト信託銀行(現・ドイチェ・アセットマネジメント)入社、運用担当常務として年金・投信・ヘッジファンドなどの運用に長く携わる。2004年フィスコ・アセットマネジメント(現・アストマックス投信投資顧問)の設立に運用担当最高責任者(CIO)として参画。2012年、独立し現職。

坂本 慎太郎 氏

こころトレード研究所 所長
日系の証券会社でディーラーとして6年間活躍後、かんぽ生命保険に転職。株式、債券のファンドマネジャー、株式のストラテジストを7年間経験。長期投資の「機関投資家」、短期投資の「証券ディーラー」、「個人投資家」の『六つの眼』を持つ稀有な経歴から魅せる解説には定評がある。株式の短期の運用は板読みを中心とした需給分析に加え、長年の投資経験で培ったアイデア投資も多数。中長期投資は、世界情勢、需給、業績等をもとに相場の流れを読み取ったうえで方向性を把握し、運用を行う。マネー誌、執筆、ラジオ、テレビや証券会社などのセミナー講師も多数請け負う。株式を中心とした投資スクール「こころトレード研究所立ち上げ現所長。

江守 哲 氏

【エモリキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役
慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社し、非鉄金属取引に従事。1996年に英国住友商事(現欧州住友商事)に出向しロンドンに駐在。その後、Metal lgesellschaftLtd.、三井物産フューチャーズを経て、2007年7月にアストマックス入社。同社でファンドマネージャーに就任。アストマックス退社後、2015年4月にエモリキャピタルマネジメントを設立。ヘッジファンドを中心とした資産運用や株式・為替・債券・コモディティ市場の情報提供などを事業として展開。

DAIBOUCHOU 氏

【専業投資家】
投資を始めて4年で資産を24,000万円まで増やすも、大暴落に見舞われ、一気に資産は9,000万円に。めげずに奮起した1年半後、資産10億円の大台に乗せるが、今度はライブドアショックで5億円失う。そんな山あり谷ありの投資人生を送ってきたのが、人気ブログ「専業投資家DAIBOUCHOUの軌跡」を運営。2004年に勤めていた会社を退職し、現在は専業投資家
著書:『DAIBOUCHOU式 新・サイクル投資法』(2018 宝島社)
DVD:『DAIBOUCHOUの銘柄選択術』(2019 パンローリング)

叶内 文子 さん

【フリーキャスター】
山形県出身・千葉大学文学部卒業。1996年日本短波放送=ラジオたんぱ(現日経ラジオ社=ラジオNIKKEI)入社。現在はフリーキャスターとして、ラジオNIKKEIの「マーケット・プレス」、「和島英樹の週末株!」などに出演中。公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)の資格を有しており、その豊富な知識と“癒し系ヴォイス”で多くのリスナーから支持を得ている。著書:「日経マネー」などのマネー誌執筆、共著に『初めての株式投資で稼ぎ方までわかる本』(2016年 スタンダーズ)。趣味は、動植物・文房具・紅茶。

第6回投資フェス

プログラム

TimeLectureContents
0:00~岡崎 良介 セミナーここから1年 〜日本株投資戦略〜
30:25~江守 哲 セミナー世界経済・金融市場の現状分析と今後の投資戦略
1:14:45~坂本 慎太郎 セミナー押さえておくべき下値のメドとリバウンド狙いの投資戦略
岡崎 良介 有料セミナーパニック終息から株価反転までのプロセス
座談会
(岡崎 良介・坂本 慎太郎・江守 哲・DAIBOUCHOU・叶内文子)
新時代の投資戦略
 ①時代は変わる
 ②どう変わるのか
 ③新しい時代の投資戦略はどうあるべきか

資料DLには申し込みが必要です

追加【有料】岡崎良介「パニック終息から株価反転までのプロセス」

協賛者様

豊商事

お客様第一主義」を実践する豊商事株式会社は1957年の創立以来、商品先物取引をはじめ多様な投資ニーズに合わせた幅広い商品・サービスをご提供し続けております。

会社情報、IR情報、採用情報、マーケット情報など、さまざまなコンテンツを掲載。